デスノート あらすじ 映画

Feby 8, 2020
デスノート あらすじ 映画

デスノート あらすじ 映画

映画「デスノート」ネタバレあらすじと結末。藤原竜也と松山ケンイチの共演。死神が落としたノートを拾う成績優秀な大学生は法律だけでは悪を裁けないと感じておりデスノート「ノートに名前を書かれた者は死ぬ」を使い新世界の神となる事を決意すると名探偵「l」が動き始める。

『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

2003年12月~2006年5月まで週刊少年ジャンプにて、連載されていた大人気漫画であるdeathnote(デスノート)。その原作の完成度の高さと人気から、アニメ、映画、ドラマなど様々なメディアで映像化されています。この記事では、デスノートの衝撃のラストをネタバレありで紹介します!

原作:大場つぐみ、漫画:小畑健コンビによる最強のサスペンス漫画「デスノート」 知らない人を見つける方が難しいのでは?と思うくらい、書籍化・ドラマ化・映画化などで一躍有名になった漫画です。 今回はそのデスノートのあらすじやネタバレ記事を紹介していきます。

映画「デスノート」ネタバレあらすじと結末。藤原竜也と松山ケンイチの共演。死神が落としたノートを拾う成績優秀な大学生は法律だけでは悪を裁けないと感じておりデスノート「ノートに名前を書かれた者は死ぬ」を使い新世界の神となる事を決意すると名探偵「l」が動き始める。

映画「デスノート(前編)」のネタバレあらすじ動画をラストまで解説しています。「デスノート(前編)」のストーリーの結末や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 この映画のジャンルは「サスペンス映画」です。

漫画『death note』を原作とし、2006年に公開された実写映画版『デスノート』。 今回は、映画『デスノート』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『デスノート』のハリウッド実写化といえば最初の実写版である藤原竜也×松山ケンイチ版(金子修介監督版)の頃からウワサされていたものの、月日は流れ国内ではTVドラマ版と上述の劇場版の続編が製作され、そしてついにNetflix資本による実写化がついに実現した。

デスノート あらすじ 映画